エギング入門 序の口エギンガー 横綱への道

エギング入門 どのように釣るの?

どのように釣るの?

 

さて!いよいよ「どのように釣るのか?」というところですね〜。
エギングという釣りは、キャスト(エギを海に投げる)←手で持ってではないですよ!ちゃんとロッド(竿)でエギを海にキャスト(投げる)するところから始まります。

 

エギングの基本はエギをキャスト(投げる)してからエギが海の底に着低(海の底に着く)してからエギに「魂」を吹き込むんですね!〜ん・・・なんだそりゃ!

 

バス釣りの経験がある方は解り易いと思いますが、バスもルアーを池や川にキャストしてから、ロッド(竿)やリールの巻きスピードなど、ルアーに対していろんな動作をさせていますね!

 

エギングも同じで、海にキャストしたルアーに対して、どのような「動き」をロッド(竿)とリールによってさせるか!が肝になります。

 

エギを生かすも殺すもあなた次第ってことなんですね!

 

キャスト後、エギをどのように操るか?ですが、これもいろんなパターンがあります。

 

「ずる引き」と言いまして、キャスト後、ただズルズルとエギを海底付近を引いてくるだけの釣り方や、その全く逆で、「シャクリ」と言いまして、エギを海老が跳ねたような動作、または魚が泳いでいるような派手な動きをさせる釣り方など色々あります。

 

 

ここで、みなさんに必ずマスターしてほしい釣り方が「シャクリ」の釣り方です!
これだけは、騙されたと思って必ず覚えてくださいね!

 

エギング=シャクリ というくらいなもので・・・

 

それではシャクリについてですが下の図を見ていただいて!
エギが着低してから(1)→(2)の動作をロッド(竿)で行います。
大体、(1)から(2)の時間は1秒ってとこでしょうか?
横綱級の方は1秒かかっていないと思います。

 

 

当然、力もいりますね!
はい!ロッド(竿)が折れるかも?くらい思い切ってください!
そうですね!すごい音(シュン!)もどんどんさせてください!
これが、エギングの基本!「シャクリ」です!

 

これはかなり重要ですよ!
こちらもテストにでます!しっかり練習しておきましょう!