エギング入門 序の口エギンガー 横綱への道

エギング入門 エギング ライン(糸)について

まずはじめに!私の経験上、道具を買うのは、絶対ネットショップのほうがオススメです!まず「品数が多い」、そして「安い」安い道具でも、さらに安いほうがいいですもんね!

 

エギング ライン(糸)について
エギングに必要なライン(糸)について

 

まずはPEライン

 

解り難いかも・・・リールに巻いたPEラインです

 

PEラインの材質とかのウンチクは抜きにしますね!初心者さんが聞いて少し抵抗があってはいけませんので!
単純に、細く・浮きやすく、伸びないという糸だと思ってください。細いラインは抵抗が少なくエギの動きがスムースなんですね!また「伸びない」という点では、イカの「アタリ」(エギに触っている状態)を感じやすいという利点があります。ただ、伸びませんので、一気に強い力が加わると切れやすいというデメリットも当然持っています。

 

 

またPEラインは岩などでの擦れに非常に弱いという性質のものでもあります。ただ、エギングには絶対必要なアイテムだと思いますので、準備しておいてくださいね!
そんな、PEのデメリットをフォローするために重要となってくるのがショックリーダーとなります。

 

そしてショックリーダー(現在わたしが使っているものです。かなりいいです。)

 

ショックリーダーとはでPEラインの先にナイロンラインを結ぶ糸のことです。ショックと言うだけあってショックを吸収する働きがあります。簡単に言うと、PEラインは伸びませんが、ショックリーダーは伸びますので、キャスト(エギを投げるとき)やイカがエギにノッた(釣れた)時になど伸びる分切れないという意味を持っています。また、岩などの擦れに対しても弱いPEラインとは違いリーダーは強いですね!一般的にナイロン糸とフロロカーボン糸がありますが、個人的にはどちらでもイケると思います。

 

私のタックルですが
ショックリーダーは、 エギング用ショックリーダー(フロロカーボン)1.75号〜2.5号の範囲で対応してます。十分です!
フロロカーボンハリス(磯釣りや船釣り用ハリス)でもアオリイカ エギングのショックリーダーとして使用できます。

 

 

で、PEラインとショックリーダーをつなげた状態が↓となります。
【左側】・・・ショックリーダー  【右側】・・・PEライン

 

エギングラインについて

 

 

ただし!初心者さんは絶対困るのがPEとリーダーの結束です。
私から超〜オススメ品!これは私も最初はこんなの使うなんて邪道!なんて思っていましたが、いまになって、なんでもっと早く買ってなかったんだろう・・・と思うエギングイチオシ道具です。